独立開業への夢!

どうも、JMC college 整体科講師の岡本です。

もうすぐ10月ですね。


整体科の講師の私達にとって10月は特別な月です。

なぜかというと、三ノ宮校の講師の大塚が独立した月が10月で

私が開業したのが同じ年の11月だからです。


独立開業をしている人にとって「開業年、月」はいつまでも特別な思いで迎えるものです。


そんな話を神戸校の講師、大塚さんと懐かしく話していますと

色々と思いだすこともありました。


私達が独立に向けて一番したことは

「声に出して言う」ことでした、


夢を誰かに語ることを繰り返していくと「やれるのでは」と意識が変わってきます。

意識がかわれば行動が変わっていき、あれよあれよと開業という夢は簡単に達成できました。


私が開業した日のことですが、釣銭代が無く母親に20000円借りたことを今でも記憶しています。

今に思えば無謀なことなんですが、その当時の私には根拠のない自信があったのです。

それから今日までただの一度も赤字を経験せずにこれたことは選んだ職業がよかったと思うことと、

何より整体業が好きで毎日が楽しいと思うことで気持ちが前向きになれるということです。

そして長年の経験がいい産物も残してくれました。

それは当時の私にはなかった根拠は、色んな経験をして今ではしっかりあるということです。


この赤字経営にならない秘訣も当スクールでは教えていますので

受講される方は楽しみにしててくださいね(^v^)


話はそれましたが、「夢を口にすること」や「思い描く」ことで

現実的に目指す方向が見えてきます。

そうなれば「独立開業」や「楽しみながら仕事を」という夢ははじめて現実になるんですよ。


なので夢をしっかり語っていきましょうね!



関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...
  2. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...
  3. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...