人生の喜び

 

当スクールのホームページへアクセスいただきありがとうございます。

 

JMC カレッジの岡本です。

 

3月も中旬に入りました。

3月といえば月が変わっていくつきですので初旬は冬で下旬には

春、桜の開花宣言もでますよね。そう思うと慌ただしい月でもありますね^^

 

さて、今日は「人生の喜び」と言うお話です。

 

 

突然ですが皆さん「人生は楽しいですか?」「今に満足していますか?」

この質問に対して「はい」と答えられる人は何人いるでしょう?

私も以前はそうでした。

 

 

「良くも悪くもない」と答える方がとても多いいらしいです。

これって言いかえれば「満足していない」ともとれるし「さほど不満でもない」ともとれますよね。

曖昧ですよね。

 

その曖昧さの中にも、皆さん「自分はこんなもんじゃない」なんてたまに思ってみたりしますよね^^

それはまだどこかで自分の人生の可能性をあきらめていないからほかなりません

 

西洋のある偉人の言葉?です「人生はそもそも幸でも不幸でもない、汝らのあんばいでどちらにでもなる

いい言葉です!そうですよね人生は自分の気の持ちようで幸せにもなるし不幸にもなるものです。

できれば幸せでいたい!皆が思うことです。また、「幸せでいたい」が人生の活力になっています。

それは皆さんもご存知ですよね^^

 

ただ「幸せ」になる術を見失っていて、何が幸せで、何が不幸なのかがよくわからなくなっている?

だけなんです。

 

人生の喜び」それは努力する事を見つけられた人が得られるものです!

人間は老若男女問わずあらゆる可能性をその時々選択しながら生きています。

特に今日の日本は平和すぎるぐらいなので「色んな可能性を選択」することができます。

 

例えを言いますと、枝分かれした道が目の前にあるとしましょう、左右どちらに進めば自分にとって

有益かを考え、左右のどちらかを選択します。

そして自分が選んだほうの道を進んでいきます。

でもこの道が本当に有益なのかどうかは「進んでいかないと分からない」

もうひとつの道に進んでいても同じことが言えるんですが、

自分が選んだ道が進んでいくにつれ険しくなったら「なぜ?あの時、もう一つの道を選ばなかったのだろ」と後悔します。

ただ、ハッキリ言えることは「もうひとつの道」を選んでも後悔はあると言うことです。

ここで後悔をして進むことをやめると言う可能性を選択した方は、きっと不平不満で人生を過ごすでしょう。

かたや、険しい道のりを乗り越える!可能性を選択した人は、乗り越えた時に今までの人生では感いる事がなかった

幸せや、達成感が得られ「人生がより良い方向」に向かうはずですね^^

 

人間は「一度経験したことに対しては対応できるが、経験したことのない事に直面した時、弱さを露呈します」

 

それを繰り返すことで人は成長していき、また経験値が増えるのです。

 

なのにいつの日からか「失敗を恐れなにもできないやらない」になってしまう。。

そして皆さんも聞いたことのあるこの言葉「もう歳だから」でやらないことを正当化しようとする。

私的には、この言葉は残念でなりません。

 

先にも述べましたが「どちらの道を選択しても後悔がある」

だったら人生にはチャレンジがあった方がいいと思いませんか?

度の道に進んでも後悔があるならチャレンジと言う強調性がある可能性を選択し続けていきたいと

私は思うのです。

 

理由はそちらのほうが人生が楽しくなるからです。

まだ見たことのないものや経験したことが無い出来事にどんどんチャレンジしていくことで

自分の人生観が変わっていくんです、ワクワクしませんか?

 

「わくわくする」そうです難しく考える必要なんてどこにもなく、

自分がワクワクしたいなら「やる」これだけなんですよね^^

 

私は「ワクワクし続ける」ためにやり続ける人生を選び、後悔をその後の人生に

役立て流れ生き続けたいと思います。




関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...
  2. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...
  3. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...