嫌なことはやらないと割り切ること

当スクールのホームページをご覧いただきありがとうございます。
JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

新年明けましておめでとうございます。2018年。新しい年がスタートしました。
今年もどんどんブログを更新していきますのでよろしくお願いします。

新年一発目のブログは、「嫌なことはやらないと割り切ること」というお話です。

やりたいこと、やるべきことそんなことばかりを夢大きく想像したくなりますが、私からはあえて「しないこと」をきめてみませんか?

そんなお話をしたいと思います。

「しないことをしない」と決めるというこって言うと「そんなの簡単じゃないか」答えが返ってきそうですが、本当にそうでしょうか?

したいことをきちんと計画通りにすることは難しいけどしないと決めたことを 絶対にしないってことも案外難しい。

だってほら、それができたなら禁煙だってダイエットだって
毎日の早起きだって日々の練習の継続だってすべて成功してきてるはずなんですよ。

「もうタバコはすわない」

「しっかりとカロリー制限をする」

「夜更かししない」

「運動をさぼらない」

そう決めた事だっていとも簡単に日々の喧騒となによりもめんどくささに破られてしまうでしょ??

「しない」そう決めたことを貫くって、結構難しい 心理学的には「しない」の方にひっぱられるというのもありますし。

でもだからこそ「しないこと」に目を向けるのは「したいこと」に目を向けた目標より難易度が高く、そして達成時にかなり喜びがある行為です。

こんなことね、年の初めぐらいしか決めれません(笑)
こういう節目というか何か決意できる機会がないと難しい。

そして、普段からこれが出来ていれば禁煙だってダイエットだって 毎日の早起きだって日々の練習の継続だってなんだって叶ってるはずなので。

「しない」に目を向けるのはなんとなくネガティブなことにとらえがちですがそんなことはありませんよ。

むしろこれを決めれて、そして その通りに出来る人の方がポジティブなことばかり願うより現実的に進みたいところへ進めます。

何回も言いますが難しいですけどね。

でもより現実的に前に進みたい、自分を強くしたい、そんな方にはおすすめの方法ですよ。

 

当スクールは「努力」」がかみ合うように指導していきますので
整体師やスポーツトレーナーを目指すのなら是非、資料請求してくださいね!

関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...
  2. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...
  3. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...