人生を決めつける、ふて腐れる

当スクールのホームページをご覧いただきありがとうございます。
JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

*2015年10月1日から姫路市南駅前町に教室をオープンしました。

当スクールの卒業生が店長として活躍している整体院のホームページができましたので紹介します。

JR三ノ宮駅から徒歩3分・神戸市三宮のさんプラザ3Fの「体Rescue」のホームページが出来ました。
三宮や元町近郊で仕事をしている方、神戸市にお住まいの方は是非どうぞ

今日は秋らしい温かく爽やかに一日になっていますね。
もう12月ですから「秋」というのもおかしいかもしれませんが、
今年は10月に雨が降りすぎましたので、あまり秋を感じられませんでした。
だから今日みたいな日は「秋」をしっかりと感じたいですね。

今日は「人生を決めつける、ふて腐れる」というお話です。

ふてくされていたり、自分の人生を決めつけている人とお話をしたりすると疲れます。

「私なんて…」

「どうせうまくいかないし…」

そんな風に言う人が確かにに多いです。

今日はそんな風に人生にふて腐れちゃった人へのお話です。

 

日々生きていたら いろんなことがあります。
そんなことは当然なんですが、 なかなか思うように物事が進まないことも多い。

そしてなかなか自身が周りの人に認めてもらいえないと感じる。

こんなに頑張っているのに。なんで私は上手くいかないんだろう。

そんなことを繰り返しているうちに「私なんて・・・」とふて腐れていき、最終的には「私なんてなにをやっても・・・」なんて決めつけて、自分の人生の可能性を遮断してしまう。

こんなもったいない話はないですよね。

私自身も20代前半から後半にかけてそういった考え方に傾きかけたことがありました。
事情を話せば長くなるので事情までは書きませんが、「俺なんて・・・」と思っている時期が長年にわたり
ありましたが、その考え方を打破したのは自分自身が「こんなはずじゃない人生をどうせ生きるなら!」と
考え方を改めたとこから始まりました。

「俺っってなんでいつもこうなんだ」と思うということは違う自分の将来を描いていてそこにたどり着けないことのジレンマがそうさせているだけ。

なら、どうせ考えた将来にならないし、大した人生じゃないなら「自分の生きたいように生きよう」と思えたところから好転していきました。

そして気付いたことがあります。

誰もあなたのことを 諦めていないし、笑おうとしていないんですよ。

もしかしたら、そう思われていると一番決めているのは 誰でもない自分なのかもしれないということ。

皮肉ものです。本当のあなた自身は そう思われたくないと心より 思っているはずなのに。

だからこそ、勇気をもって「ふて腐れるクセ」を捨てましょう。
言葉は素直に受け取ってもいい、 という許可を出しましょう。

なんのため?あなたのためです。

あなたが本来の自分と可能性と未来を取り戻すために、です。

 

周りが変わるとか誰かが変わる、 そんな所に期待してはいけません。
負のループから抜けるためには あなたが受け取り方を変えればいいだけです。

それだけで周りはとても優しく、自分が自分に一番厳しかったことが分かりますよ。
そして自分は思っているほど ダメではない、事にも気づかされますよ。
しょーもない思い込みだったことに きっと笑ってしまいますよ。

なのでどうぞ、 勇気をもって捨ててくださいね。

 

当スクールは「努力」」がかみ合うように指導していきますので
整体師やスポーツトレーナーを目指すのなら是非、資料請求してくださいね!

 

関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...
  2. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...
  3. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...