没頭できる何かを見つける

当スクールのホームページをご覧いただきありがとうございます。
JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

*2015年10月1日から姫路市南駅前町に教室をオープンしました。

当スクールの卒業生が店長として活躍している
整体院のホームページができましたので紹介します。

JR三ノ宮駅から徒歩3分・神戸市三宮のさんプラザ3Fの「体Rescue」のホームページが出来ました。

三宮や元町近郊で仕事をしている方、神戸市にお住まいの方は是非どうぞ

 

やっと爽やかな秋晴れの日が続いていますね。
今日から11月に入りますが、今年は10月によく雨が降った分
11月は晴れの日が多くなることを願います。

今回のお話は「没頭できる何かをみつける」というお話です。

やりたいことを仕事にするって、要は「夢中になれる」ってこと。

あなたにも経験があるともうのですが、
時間を忘れて没頭した時間。

あの感覚です。

例えば、学生の頃勉強は「やりたい!」なんてあまり思わなかったですが、
ファミコンのゲームには夢中になってやりましたよね。

親に「何時や思ってるん!」なんて怒られた経験もあると思います。

あれは自分に時間の感覚がなくなっている状態ですよね。

そうです「夢中になっている時間」ということです。

そうやって夢中でやれることを仕事にすると、
実に仕事は楽しいものです。

仕事って一日の大半の時間を割いてやっているわけですから
「楽しい時間」にしたほうがいいに決まっています。

スクールの卒業生が開業するときに
「岡本先生は開業するときに不安はなかったですか?」
とよく聞かれますが、開業の時は「不安」はありましたが、

それ以上にチャレンジするワクワク感のほうが
全然上回っていました。

物事というのは「ネガティブにとらえない」方がいい。
なぜなら「考えた方向に進む」からです。

「やれる!」と信じて、行動を起こす。
行動を起こすから問題が出てくる。

そして問題を解決して、経験値が増える・・・こういった事を繰り返すことですよね。

よく勘違いされている方がおられますが、
行動を起こさずに自分の頭の中の解釈で行動しない人。

まだ何もチャレンジしていない人は
残念ながらまだ何も起こっていません。

不安になるのは「空想の世界」の話で、現実には何も変わっていないということを
自分自身認識しないといけません。

新しい何かにチャレンジすることに勇気なんていりません。

チャレンジしてダメだったらやめてまた元に戻せばいいだけです。

そんなに損失なんてないものです。

さぁ、あなたも「没頭できる何か」を見つけましょう。

一度きりの人生です。
人生のすべての時間はあなた自身のものです。

楽しまないと損ですよ。

 

当スクールは「努力」」がかみ合うように指導していきますので
整体師やスポーツトレーナーを目指すのなら是非、資料請求してくださいね!

 

関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...
  2. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...
  3. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...