たまには人生を振り返ってみる

JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

*2015年10月1日から姫路市南駅前町に教室をオープンしました。
2016年12月1日から神戸市中央区三宮町1-8-1 さんプラザ3F 36番に教室をオープンしました。

今年の夏は「暑いですね」なんて毎年言っているような気もしますが
姫路にいても神戸、三宮にいても暑い・・・
夕立が少ないせいか、夜も暑い・・・
ただね、そんなこと言ってても夏は今年も終わっていくので
姫路にいても三宮にいても夏を楽しむことにしています。

今回のお話は「たまには人生を振り返ってみる」というお話です。

私自身、今はあまり人生を振り返ることありません。
過去の自分が今の自分を形成しているのですから
今の自分はいつだって自分の集大成なわけです。

だから生きている今がいつだって最高!なんです。

人生を振り返り「あの頃はよかったね」なんて
思ってみても仕方ないと思っています。

ですが、私自身も生きてきた中でいつでもポジティブだったわけではなく、

一生懸命頑張って仕事をしていた会社が突然倒産したり、
家庭環境に翻弄され、思うように生きられない時期が長く続きました。

そんな時は、えてして「あの頃は楽しかったな」「戻りたいな」なんて
思ってみたものです。

でもそんなことを繰り返し思いながら生きていても
良い事なんて起きない事は当時の私にもわかっていたのです。

あまりに人生がうまく行かずに
生きている意味さえないように感じていた時に

不意に「自分の人生の中でまじめに取り組んだことって・・・何だったか?」を
思い出してみたら、一つだけあったんです。

それは「野球」をしていた小学生のころ(中学までしていました)

私が小学生の頃は練習中に「水」も飲ませてくれないような厳しい状況で
しかも毎日毎日、コーチや監督に叱られ、ノックが捕れなかったら
近くの山まで走らされて、坂道をダッシュして・・・

なんて、今思ってもつらい練習でした。

でも何故かそのころの記憶が一番楽しいし、
自分が輝いていたような気がしたのです。

なぜなのか?

それを掘り下げて考えると、
一つ分かったことがあります。

それは、一緒に頑張っている仲間の中からレギュラーに選ばれたい!
そして試合で活躍して優勝したい!

そうなんですよね。
目的、ゴールを定めて、それに向かって頑張る。
いや目指す物があるから頑張れる!

これに気付いたのです。

よくよく考えてみると、仕事や家庭の環境のせいにしている
自分自身にも嫌気がさしていたのでしょう。

そこで私は小学生のころのような考え方に
戻し、そして「スポーツトレーナーや整体師」として
活躍することだけを夢見て、どうすれば現実になるのか!

それに集中して頑張った結果、今があります。

今も人生にいろんな問題を抱えて生きています。

ですが、人生を楽しむための問題です。

過去の自分を振り返り「あの頃は・・・」なんて
想いにふけて、今の自分を否定することはあまりお勧めできませんが、

過去の頑張っていた自分からヒントをもらうことは
良いことかもしれません。

「自分には無理」
「頑張ることなんてできない」
こういった言葉は口にしないほうがいいし、
想像もしないほうがいい。

人はやる気になればなんだってできる!
今までもこれからも

関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...
  2. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...
  3. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...