説明会でよくある質問

JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

 

今日は「説明会でよくある質問」というお話です。

「トレーナーとして活動をするなら、医療系の国家資格があった方が良いですか?」
「整体師を目指すなら国家資格の方がいいですよね?」といった主旨の質問を頂きました。

○○さんは何のための資格修得を目指しているんですか?
と質問しなおさせていただいているのですが、

「資格」というものを考える上で大切なのは「やりたい事」が先にあり
その「やりたい事」の為に「資格」が必要ならその資格を取得すれば良いと思います。
これは私がスポーツトレーナや整体師育成の専門学校に通っていた時もそうなのですが
「手段」と「目的」が逆転している場合が多く見られます
そしてここが逆転してしまっていると資格を取得した後も
マイナスに働く場合が多くみられます。

医療系国家資格を取得しようとする方の取得理由でおそらくTop3には入るであろう「安心」

これも論理的に考えるとそこまでして取得する必要があるのかな?と
例えば、トレーナーの方が取得を考える柔道整復師、鍼灸師、理学療法士などの

代表的な医療系国家資格の場合学校に3~4年通い、学費は400~500万円

もちろんこれに交通費や実習費などがかかってくるだけでなく

社会人として活動をされている方であれば

学校に通ったりしている時間は、労働時間が減るため機会損失も含めて考えると
3年間で1000万円以上のコストになります。
そして

一般的な理学療法士の方の平均年収が300~400万円ですから
それだけの時間的、金銭的コストをかけてまで得たいものなのでしょうか?
もちろん医療系国家資格があることではじめて
行えることもたくさんありますが最も大切なことは、「自分が何がやりたいのか?」が先にあり

その「目的」を叶えるための「手段」として「資格」というものを考えていくと良いと想います。
例えばあなたが多くの方の将来を健康に導いていくような仕事がしたいのであれば
「スポーツパーソナルトレーナー」がいいでしょうし、

肩こりや腰痛の症状を和らげてあげたいのであれば「整体師」でも「柔道整復師」でもいいわけです。

資格だけでは「飯は食えない」のですから
自分が好きでやりたいことでないと
続けていけませんので、しっかりと考えてみるといいと思いますよ。
あなたの「夢」を叶えるお手伝いができればと思います!

関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...
  2. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...
  3. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...