Topics

友達や知人のアドバイス、それは嫉妬・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当スクールのホームページをご覧いただきありがとうございます。

JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

 

*2015年10月1日から姫路市南駅前町に教室をオープンしました。

 

当スクールの卒業生が店長として活躍している

整体院のホームページができましたので紹介します。

 

JR三ノ宮駅から徒歩3分・神戸市三宮のさんプラザ3Fの「体Rescue」のホームページが出来ました。

 

三宮や元町近郊で仕事をしている方、神戸市にお住まいの方は是非どうぞ!

 

JMCカレッスポーツトレーナー科講師の團先生が神戸市三宮で

パーソナルジム《店舗名》STEP up styleを2月1日にオープンします。

《場所》〒651-0087

兵庫県神戸市中央区御幸通4丁目2-24-202

JR三ノ宮駅東口から徒歩7分

 

今日はバレンタインデーですね。

私ぐらいの年代になるとチョコをいただくことが少なくなりましたが、

学生の頃は「ドキドキ」心躍らせて好きな子がチョコをくれないかなー?

なんて待っていたものです。

今はもうドキドキすることなんてないですが・・・

 

今日は「友達や知人のアドバイス、それは嫉妬・・・」というお話しです。

sixtuto

さて、今回は

現状を変えようとしている人に起きがちなあるお話について。

 

私の周りには現状を変えたい、人生を変えたいと

頑張っている生徒さんや治療家仲間がたくさんいます。

 

私もそうでしたが、頑張っている生徒さんや治療家さんが

必ずと言っていいほど通る道があります。

 

それは

頑張っているあなたへの『否定』や『批判』を

外部、知り合いや友達から投げつけられる、ということ。

 

 

自分がやりたいこと、夢、人生の目標を決めそれに向かって頑張っているだけなのに

 

「最近ガツガツしてるね」とか

「お前変わったな」的な

 

皮肉めいたことを言われてしまった。いわれなくとも態度で感じてしまう。

 

そんな経験、あなたにもないですか?

 

自分が間違ってないと思っているし周りのいう事なんか気にしなくてもいい

ってわかってるけどちょっと落ち込んでしまう…。

 

ちょっと足が止まったり、迷いが生じたり・・・

 

いや、まてよ?

そんなことないはず!

 

そもそもその「否定」の正体って一体なんなのでしょうか?

 

実はこれ、凄くシンプルで、そして意外にも自分と違うところに答えがあります。

 

あなたが知り合いや友人家族からの『否定』。

これって実は8割、9割はただの「嫉妬」とか「妬み」ではない??という事です。

 

簡単に言うと

 

そうしたい。でも私はそうなれない。なれなかったから否定する。

 

自分にできないことを友達がやると否定したい気持ちになったりするものです・・・

 

という感じですね。

 

 

「そんなこと初めて、どうかと思う!」などと言いながら

 

「あなたばっかりズルイ!」と思い、心の奥底では

 

「自分だって、そうなりたいのに…」という構図が生まれているのです。

(でもこの心理は自分では気づいていないこともある)

 

その人も本当はただただ、あなたみたいになりたくて仕方がないのです。

 

チャレンジできる自分でいたいのです。

 

だから行動しチャレンジできているあなたを否定したい。

 

否定することで「そうできない自分、何も始められない自分」が正しいって思いたい。

もうお気づきですね。

自分じゃなくて相手の中の問題だったってことって話です。

 

そう考えると、そういった相手の心の中の問題に

今何かをやろうとしているあなたが入り込む必要などなく、

しかも落ち込むなんて事は必要ないし、悩むだけ無駄な時間。

 

その相手の感情っていよいよ自分の人生に全く関係ないではなかろうか?

っという感じなのです。

 

だからあなたはそんな否定なんかに耳をかさず、立ち止まらず

よりいっそう突き抜けたらいいのです。

 

なんなら突き抜けることが相手の口をつぐむ唯一の方法です。

 

 

中地半端に出る杭は打たれるけど出過ぎた杭は

打たれようがないのです。

 

中途半端なことをした時点で相手は「ほらね」なんて

自分と同じところに帰ってきた喜びを爆発させたりもします。

 

でも、やり遂げてうまくいった頃には

あなたの周りにはあなたを応援してくれる人ばかりしか

いなくなっているんです。

 

私も整体を学び始めたころ

学生の頃からの知り合いの先輩に「今更、何を始めるん?」

「やめとけって」「学費を損するだけ」なんて罵られまくりました。

 

そんな先輩たちは今お会いすると私より勝っているところがある・・・

なんて格好悪いと気付かずに一生懸命お話しされてます。

 

私は自分が人生においてどうなろうと人との付き合い方を変えようとは

思っていないので、私にとっていつまでも先輩に変わりはないのですが、

 

先輩たちはあの頃「私が何かを成し遂げることで私に負けたような気がする」

これが嫌なだけだったのではないかと思います。

 

やるならとことん!

信じられるのはいつも自分のみ!

自分の可能性は自分でしか広げることはできない!

 

この初心を忘れず私はこれからも頑張りたいと思います。

 

昨年の12月1日に神戸市三宮町「さんプラザ3階 体レスキュー」がオープンしました。

新規オープンなのでまだまだ「お客様」はついておりませんので

このホームページをご覧の皆様にぜひ応援していただければと思います。

 

そこの店長は当スクールの卒業生です。

この整体に興味がある方は「卒業生の施術」を一度受けに行ってみてくださいね。

 

予約TEL 078-392-0250 「体レスキュー」

営業時間 11:00~21:00

土日は 11:00~17:00(時間外要相談)

 

当スクールは「努力」」がかみ合うように指導していきますので

整体師やスポーツトレーナーを目指すのなら是非、資料請求してくださいね!

 

 

関連記事

連絡先

おすすめ記事

  1. 私の施術経験や集客ノウハウをすべて注ぎ込んだ講座となっております。
  2. 学ぶ→知った気になる・・・ではだめですよ JR姫路駅から徒歩3分です。

卒業生の声

  1. S__14426124
    金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...
  2. S__14426123
    女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...
  3. staff_m
    前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...