やりたい仕事がわからない・・・

当スクールのホームページをご覧いただきありがとうございます。

JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

2015年10月1日から姫路市南駅前町93西川ビル5F エレベータ降りて左側入口に 教室を構えることができました!(^^)!

(JR姫路駅南口から徒歩3分)

今年は10月中旬にしてようやく「秋」らしくなってきましたね。
私が住んでいるところも「秋桜」がきれいに咲いています。
ただ秋特有の高い空があまり見れないのは曇りの日が多いからでしょうか?

さて今日は「やりたい仕事がわからない・・・」というお話です。

無料説明会中の会話やメールでよくいただく言葉。
「やりたい仕事がわからないのですが・・・」

これって実はほとんどの方が「やりたい仕事なんてわかっていない」のです。

fotolia_72582996_subscription_monthly_m-599x399

 

子供の頃からのやりたいと思っていた事を実現出来た人って、私的には「神」のように思えます。

ごくまれにそういう方がおられますが「凄い」の一言ですよね。

ただ、世の中のたいていの人は、中学から高校へ行くために勉強し、
高校から大学に行くために受験し、とにかく次のカテゴリーに進むために
頑張ってきたわけです。

中学から高校へ、高校から大学、そしてみんなが社会人になるからになるからという
当たり前の理由だけで、とりあえず働いていました。

とりあえず就職したけれど、自分が何をしたいのかわからない

で、生活をするのに仕事は必須になり「やりたくないけど仕方がない・・・」となる

って流れがほとんどですよね。

そうやって押し殺しながら仕事を続けてはみたけれど、
同僚が「この会社やばいらしいよ」「転勤させられるかも?」
「リストラがあるらしいよ」ってことを聞いたりすると不安に駆られ、

「このままでいいのかな?」「頑張りが報われない」なんて自分の中のネガティブが頭を支配して
「本当に自分のやりたいことってなんだろう?」って考え始めるのです。

そうなるまで「自分のやりたいこと」を真剣に考えてはいないので
「やりたい仕事ってなに?」と問われても答えられないのが普通ですよね。

私の場合は「スポーツトレーナー、整体」を初めからやりたかったわけではなくて、
とにかく「独立したい」という思いが強く、

独立するためには・・・ということを考えて、考えて考え抜きました。

3dae505ea1d7d6a6c08d90db701c1655

会社が倒産し、無職になった私は「誰かのミスに自分の人生が左右されること」が嫌で仕方なく

まず初めに独立する」という目標を立てました。

 

商売をするのにリスクを背負いたくないし、背負えるほどの貯蓄などなかったので
まず仕入れと家賃が高い「飲食業」はないと思いました。

コストをかけずに独立するには何がいい?独立後のランニングコストを
抑えられる職業は何か?かをひたすら考えて考え抜き、

スポーツトレーナーと整体にたどり着きました。

正直、当時の私に学ぶための学費はきつかったですが、
ここが人生の踏ん張り時と思い「アルバイトを掛け持ち」
学びました。

子供のころから野球をしていたので「スポーツトレーナー」は
なんとなく存在を知っていたことと、

野球で痛めた肘を、母の知り合いの整体師によくしてもらい
こころから「ありがとうございました」と言えたことが記憶にあり、

私も頑張って「誰かの役に立ちながら仕事ができるようになりたい」と
思い頑張りました。

私の周りには多く「独立」している昔からの友人や先輩、
そして知人がいますが、「どうしてその職業で開業したの?」って話になると

その多くが「その仕事をやりたかったわけ」ではなく、
私と同じように「独立したい」この思いから「これにかけないと!」と
という流れです。

「やりたい仕事を見つける」この作業も大切ですが、
違う視点から「きっかけ」を見つけてみるというのもいいと思いますよ。

a59a90297f0b8406e25aaea7eb3ab13f-e1393597987271

そう考えることで「心に余裕ができ冷静に判断できる」かもしれませんね。

当スクールの一ヶ月3名限定の入校です。さぁ資料請求してください!

当スクールは「努力」」がかみ合うように指導していきますので

整体師やスポーツトレーナーを目指すのなら是非、資料請求してくださいね!

関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...
  2. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...
  3. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...