太田垣 厚子 様 整体科卒業

女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたことなど何の役にも立たないことを痛感し、整体を学ぼうと決めJMCカレッジに入りました。

基礎医学や外傷、整体の技術などをスクール中に学びました。

インターンシップに入ると「実践」での学びになるのですがここが一番勉強になりました。

「体はなぜ痛み出すのか?」

「なぜ歪むのか?」

「その歪みや痛みに効率よく向き合うための方法」

をしっかりと学ばせていただきました。

卒業後も1年間はいつでもスクールにもインターンに入れ、復習もたくさんできます。

これからも実践を通じてまだまだ経験していかないといけませんが、お客様に「肩が軽くなりました」といわれるぐらいのレベルには、インターンに入るまでになれる事、これは本当にすごいことだと思います。

多くの人に喜んでいただけるような整体師になっていこうと思います。

関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...
  2. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...
  3. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...