Topics

自分の器の大きさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
20160302

当スクールのホームページをご覧いただきありがとうございます。
JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

今日は「自分の器の大きさ」というお話です。

 

人は誰でもそうだと思いますが、 大人になっていく過程になんとなく、漠然と「夢」みたいなものを持ち 様々な経験、体験などを通して自分の身の丈や器の大きさといったものを知っていきますよね。

社会人になって自分が想っていたものとのギャップに悩むこともあると思います。

そして、「分相応」「身の程を弁える」などの言葉の様に 自然と自分の身の丈に合わせて人生を送る、
または送ろうとする場合が多いのではないでしょうか?

自分の器の大きさを知った時

人はその器の大きさを受け入れるか、器を大きく深くしようとしてもがき続けるかを選択します。

だけども「どちらの選択が良いか」も分からないし、どちらが幸せかも分かりません。
これは「誰も知りえることのない現実」なのです。

私などは振り返って思い出してみますと、 10代のころに思い描いてたものを、大人になってから、現実にしていく作業を常にしていると感じます。

私の場合ですが、

自分の場合は生来の器の大きさは受け入れつつも、大きく、深くしようと一生もがき続けるだろうなと思っています。

それがまた「自分」の幸せだとも思っています。

やはり、誰でも「自分の生き方」は、 どうすれば楽しいのか、
どう生きていくべきなのか?を考えて ごまかさずに生きていただきたいと思うのです。

関連記事

連絡先

おすすめ記事

  1. 私の施術経験や集客ノウハウをすべて注ぎ込んだ講座となっております。
  2. 学ぶ→知った気になる・・・ではだめですよ JR姫路駅から徒歩3分です。

卒業生の声

  1. S__14426123
    女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...
  2. S__14426124
    金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...
  3. staff_m
    前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...