個と組織力のバランス

当スクールのホームページをご覧いただきありがとうございます。
JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

 

さて今日は「個と組織力のバランス」というお話し。

整体院で提供するサービスを少しでもより良いものにしようと日々様々な角度から考えていますが、考えれば考えるほど、最も重要なのはやはり「人」であり、「人財育成」&「組織創り」 が大事だということにたどり着きます。

企業は個の集合体。

そもそも企業というものが同じミッションのもとに集まった 「個」の集合体になります。ですから、企業の業績を伸ばそうと思ったら、「個」を高めることと、「組織力」を高めることの2つに集約されるのではないでしょうか?

どんなに「個」の能力を高めたとしても「組織力」が低くい場合、個の能力の相乗効果がなく、総合的に高いアウトプットは出来ません。「組織力」を高めることで、「個」の能力が掛け算になる様なチーム作りをしていくことが大切です。

逆に「組織力」がどんなに高かったとしても「個」の能力が低ければこちらも高いアウトプットは出来ないんですが…。

では、その「個」が伸びる、チーム力が高まる「環境」や「機会」を 作るのは誰の仕事か?と問いかけると、「代表である自分の仕事」になります。

う~ん。結局全ては自分の責任だなと。改めて「代表」というものの重要性を再認識しました。

JMCカレッジは個を育てる基本の場です。

整体師としての「個」の基本を作る場所がJMCカレッジです。

スクールを卒業された方が活躍の場を探して、自身の院で独立したり、 同じ卒業生の院で働いたり、私の運営する整体院で働いたりしていることを考えると、やはりスクールでの育成に「妥協」は許されないと認識しています。そして将来この手技が日本の整体の「スタンダード」になればと大きな志をもって 日々取り組んでいます。

この素晴らしい「手技」をみんなで広めていきたいと、心から思っており、それには「レベルの高い整体師」を世の中に送り出さなければならない、という責任感を大切にしながら指導ができたらと思っています。

当スクールは「努力」」がかみ合うように指導していきますので 整体師やスポーツトレーナーを目指すのならぜひ資料請求してくださいね!

関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...
  2. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...
  3. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...