Topics

自分の考える基準が必ずしも正しくないと言う事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当スクールのホームページをご覧いただきありがとうございます。
JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

さて今日は「自分の考える基準が必ずしも正しくないと言う事」というお話しです。

例えば、何もチャレンジをしないことが普通というグループの中にいますと
「よくあんなことするなぁ」
「そんなことして意味があるの?」

そういったことが普通になりチャレンジしないことを正当化していきます。またチャレンジしないことで、その中の状況に心地よくいられることでそれが正解だと信じてしまうのです。

例えば、1番おいしいと思ってる焼肉屋さんがあったとします。

そこを超える美味しい焼き肉屋に出会うまではそこが1番となるわけですね。

ところがある時人に誘われて行った焼き肉屋さんが、 今までにない程の安くて上質な肉を食べられて満足度の高いものだとします。すると見事に焼肉のクオリティーに対する考え方があなたの中で変わっていき、今まで1番だった焼き肉屋はランクが下がり、2番になります。

こういった事を人生の中で一度は経験したことがあると思いますが、人生を楽しく、仕事を楽しくしたいのであれば、自分の人生の中の「仕事といったシーン」でこういった事を自分で起こしていく必要があるということです。

何が言いたいかといいますと、 日頃の自分の生活の基準というのは日々の行動圏内であったり、一緒にいる人たちが基準にになりやすいと言う事なんですね。

何事に対しても基準をどこに置くか?がめちゃくちゃ大事です。

セミナーとかに参加をしてみたりいろんな場所に行ってみた、りいろいろなサービスを受けてみたりしないと自分の基準が高いのか低いのかも分からない。 ということになります。

自分がいるコミュニティの中では高い位置にいると思っていても 他のコミュニティの中では最下位かもしれません。自分が提供してるサービスのクオリティが高いと思っていても比べてみないことにはほんとに高いかどうかなんてわかるはずないんですね。

日ごろの行動範囲やコミュニティを飛び出すことがとっても大切なんですよ!(^^)!

是非飛び出してみましょうね!

当スクールは「努力」」がかみ合うように指導していきますので 整体師やスポーツトレーナーを目指すのならぜひ資料請求してくださいね!

関連記事

連絡先

おすすめ記事

  1. 私の施術経験や集客ノウハウをすべて注ぎ込んだ講座となっております。
  2. 学ぶ→知った気になる・・・ではだめですよ JR姫路駅から徒歩3分です。

卒業生の声

  1. staff_m
    前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...
  2. S__14426124
    金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...
  3. S__14426123
    女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...