Topics

夢を現実にしていく人の考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当スクールのホームページをご覧いただきありがとうございます。

JMCカレッジ整体科講師の岡本です。


明日から夏の高校野球が始まりますね。

8月6日といえば70年前に広島に原爆が投下された 人類史上最悪の日です。

日本は世界で唯一の被爆国です。

世界平和を世界に向けて発信して行かなければなりませんね。


さて今日は「夢を現実にしていく人の考え方」というお話です。


突然ですがあなたの周りにいませんか? こんなことをいう人が・・・


「能力を発揮できたら、オリンピックに出れたのに」


「才能さえあれば、歌手になれたのに」


「成功間違いなしのビジネスのアイデアがある。資金さえあれば、」


「今自分の夢が果たせない。あの時勉強さえしていれば・・・」


「あの時親に反対されなかったら・・・」


この国にには、 「○○さえあれば」 「○○○さえしていたら」 と言って、

夢をあきらめてしまう人がたくさんいるようです。

(どちらかというと「やらない」と言い聞かせて何も始めないという事かな)


もしかして、あなたも???


もし、自分は、これをやりたい!」 という明確な夢があるのなら、

今からでも遅くはありません。 そもそも何かを始めるのに「おそい」ということはありません。


行動を起こしてみましょう。 どんな小さな行動でもいいのです。

まずは行動を起こすのです。


現実的に難しいこともあるかもしれませんが、

行動しないかぎりその夢には到達できません。


そこで「夢をかなえる人」とい言うのはどうしているのか?

夢を叶える人の行動パターンは、 あれこれ考える前に行動していることです。


行動する習慣が身についているのです。 無一文から事業を立ち上げて、

成功している実業家がいます。 才能がなければ成功できないような分野でも、

行動することで成功している人はたくさんいます。


ケンタッキーフライドチキンの創業者 ”カーネル・サンダース”がケンタッキー事業を始めたのは、

64歳の頃からだといいます。 行動を起こせば、奇跡が起こるかもしれません。


さて、あなたはどんな行動を起こしますか? どこに向かって行動を起こしますか?

行動を起こせたあなたは、 どんな「素敵なあなた」になっていると思いますか?


始める前に起こってもいない「問題」「リスク」を考えるのは もったいないですよ。


その時点では何も始まっていないいし、

何も問題は起こっていないんです。


あなたは「やった」気になっているだけです。

人生をよりよいものにするために 考える前に「行動」してみましょう!


当スクールは「努力」」がかみ合うように指導していきますので 整体師やスポーツトレーナーを目指すのならぜひ資料請求してくださいね!

関連記事

連絡先

おすすめ記事

  1. 私の施術経験や集客ノウハウをすべて注ぎ込んだ講座となっております。
  2. 学ぶ→知った気になる・・・ではだめですよ JR姫路駅から徒歩3分です。

卒業生の声

  1. S__14426123
    女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...
  2. staff_m
    前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...
  3. S__14426124
    金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...