未来に自分・・・誰もどうなっているかなんてわからない

当スクールのホームページをご覧いただきありがとうございます。

JMCカレッジ整体科講師の岡本です。


今さらながらIPhone6プラスに機種変更します。

以前なら発売したその日に変えていましたが 今は正直、そ

こまでの変化を感じないので、現在持っている I Phoneのバッテリーが一日もたなくなってきたので変更します!


さて今日は「未来に自分・・・誰もどうなっているかなんてわからない」というお話です。


スクールの無料説明会や、施術中のお客様など色々な方から相談を受ける中で感じるのは

「未来の自分をもっと信じても いいんじゃない?」

「もっともっと 大きな目標に挑戦してもいいんじゃない?」

ということ たしかに「夢」や「目標」というものを考えた時に 現在の自分では、

叶えること、達成することが到底難しいと感じるものは 多々あると思います。

これは現実的に事を起こしていない状態でよくおこります。


で、新しい何かにチャレンジし始めると始める前に悩んでいた 不安なんて一つも起こらない(笑)これはよくある話です。 話を戻します。


しかし1週間後の自分は現在の自分と同じでは無いし

ましてや1年後の自分は全く別の自分なんですよ

他者の目標などを聞いた時に「それは無理だよ」みたいに 「出来ない」と否定から入る方がいますが

私的には あなたに 未来の俺が分かるのですか?」 と心の中で ボソッと呟いてしまいます。


もちろん自分の行動と目標がイコールになっていないのを 端的に指摘して頂いている場合は

猛省しますが たしかに「今のままの自分では出来ない」かもしれないけれど 「未来の自分では出来る」かもしれない訳です。


将来の夢や目標と現在の自分とそのギャップを正確に認識し あとは目標からブレイクダウンして日々、

そのギャップを埋めていけば ほとんどの目標なんて達成することが出来る訳です


「出来ない」とスグに言ってしまう人は能力が無いのでは無く

そのギャップを埋める為の思考と行動を怠っているだけであって やろうと思えば、

大抵の事は誰でもやれるんです 。


ただ人は弱い自分と向き合いたくないから

必死にギャップを埋めようと考え行動している人を見て

「あの人は天才だから」と「天才」を創りたがるんですよね


僕の知っている周りから「天才」とか「カリスマ」とか 言われる様な方々は全くもって「天才」などではなく 未来の自分の可能性を信じて弛まぬ努力を続けていらっしゃる方々ばかりなんですよね。


少しだけ考え方を「やれる」ということ信じて生きてみたら 意外と簡単に目標達成できるかもしれませんよ

もっともっと未来の自分を信じて大きな目標を掲げてもいいんじゃないかなと


「やり切る」という「断固たる決意」さえあればっと何でも叶いますよ 当スクールは「努力」」がかみ合うように指導していきますので 整体師やスポーツトレーナーを目指すのならぜひ資料請求してくださいね!

関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...
  2. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...
  3. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...