「整体って売れますか?」

当スクールのホームページをご覧いただきありがとうございます。
JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

 

今日は「整体って売れますか?」という質問をいただきました。

「先生のところで整体を覚えてもやっていけるかどうかが…」と、 無料説明会の時に言われましたので「モノが売れる」事について少し書きたいと思います。

整体師としてやっていくには「施術」を売らないといけません。
お客様が施術を受けて、そこに「価値」があれば売れるという単純な 流れなのかなと私は考えています。

 

●「価値は使い方に表れる」:価値を感じる瞬間 ではどうすれば良いかというと……

「使い方」を把握すれば良いので す。

 

「嬉しさ」は目に見えませんが、「使い方」「利用場面」は目に見え ます。

「価値は使い方に表れる」というのが私たち!の主張です。

 

なぜかというと、お客様は、商品・サービスを買ったら「使う」から です 「お客様は使うために買う」 のです。

 

売り手は、「売る」ことが目的になりがちになってしまい、「売った ら終わり」と考えてしまいがちです。

しかし、お客様は「買う」のは「始まり」です。

「使う」ときがお客様が「価値」を感じる瞬間です。

 

であれば、その「使っているところ」(=利用場面)を見れば、そこ に「嬉しさ」があるはずです。

「お客様が価値を感じる瞬間」は、「お客様の利用場面」にあるわけ です。

 

それらにプラスして

 

どうした時に整体を受けたくなるか?

プロにしか分からないところにまで手が届いているか?

施術後に体の変化を感じてもらえているか?

これらがしっかりできていれば「整体」という商品は間違いなく売れます。

その内訳はスクールに入ってからしっかりとお教えしますね(^o^)

関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...
  2. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...
  3. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...