「面倒くさい」これが成功を遠ざけている。

当スクールのホームページをご覧いただきありがとうございます。

姫路市と神戸市の整体スクールJMCカレッジの岡本です。


今日はスクールの症状別セミナーの資料作成に岡本整体院の森本先生、スタッフのとミーティング

未来の独自資源に向けて色々と話を詰めていきました!!


話をすればするほどこれが完成したら、かなり良い感じだよねと ^^) _旦~~

それと同時に たださ、これを創るのってハンパなく難しいよねと なる訳です。


治療家として働いたり独立して院を開くにあたりこの「難しい事にワクワクするか?」ということが

とても大切な素質だと考えています。


よく「差別化」という言葉が使われますが「皆と同じ」様に「普通のこと」を「普通」にやっていても

「差別化」なんてされない訳です。


アイデアなんてもののほとんどは自分だけしか思いつかないのではなく

誰もが似た様なことを思いつく訳ですからね。


しかし 思い付きはするもののほとんどの人は「難しい」とか「面倒くさい」などの理由で

それをやらないか 途中で諦めてしまうかなんですよね。


最後まで形にして それを地道にブラッシュアップし続けられる人が

「差別化」された人であり 「差別化」されたサービスなどを提供できる人なんです。

ほとんどの場合そこに特別な才能なんていらない訳ですよ ^^)


ただ多くの人は「自分の弱さ」であったり「自分の努力不足」を認めたくないので

「上手くいっている人」や「差別化された人」を見ると あの人は「天才」だからなんて

言葉を口にしたり なんやかんや理由を付けて多くの人は「自分の努力不足」や 「怠惰」と向き合おうとしない訳です。


もちろん生まれついての才能による部分も あるとは思いますが

その才能だって 地道な努力を積み重ねなければ華は開かない訳ですよね 。

「差別化」された高い価値を提供できる治療院を創る為には

自分の怠惰や努力不足と向き合って仲間と供に、

難しい事にワクワクしながら 挑戦し続ける姿勢が大切なのではないでしょうか? と私は思います。


人が「面倒くさがること」これをやることでビジネスチャンスは広がるんですよ。

関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...
  2. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...
  3. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...