やってみる!これが大切

当スクールのホームページをご覧頂きありがとうございます。

JMCカレッジの」岡本です。


秋が深まりつつありますね。

この秋から自転車通勤をしようと思い「クロスバイク」を購入しました。

自分がやってみたいと思うことは必ず一度はやってみる。。。

これが私のスタイルなのでこのスタイルは変えないまま行こうと思います。


今日は「やってみる!これが大切」というお話です。


冒頭の話とかぶりますが「やってみる」

これは本当に大切ですよね。

人生において「これやってみたいな」とひらめくことは出来るのに

行動に起こさないということはもったいなくて仕方ないと思います。


私はこの言葉がとても嫌いですが、皆様に理解していただくために

あえて「勝ち組」と「負け組」と言われる人の違いってなにかご存知ですか?

これの違いはもとをたどっていけば「やりたい」と思ったことを始めたか始めていないかの違いだけ。


音楽を作る人、バンドなんて始めた頃は「夢みたいなこと言ってないでちゃんと働け」なんて

言われていたんですよね。

売れるか売れないか分からないようなところに身を置くより、

行っていたらお金にはなっているところに行きなさいってほとんどの方が思うし、

それが正解だと信じてやまないですよね。



でもどうでしょう?貴方はこう考えたことありませんか?

「俺(私)の人生このままなんとなく終わるのかな」なんて・・・

これは自分の人生を楽し目ていないということかもしれませんね。


でも、音楽をやっている人や俳優、商売をされていおるかた、

一代で財を築いた方などを見ていると「人生楽しんでいる」ように見えますよね。


これって自分がやりたいと思ったことを現実にやっているからですよね。

保証がない世界で揉まれてやってきた自負や経験がオーラとなって出てきていんですよ。


どんな実績がある人でも「不安」はある。


でも自分らしさを貫くからそのプレッシャーをはねのけていく。

違いは「やる」か「やらないか」の違いだけなんですよね。


やらない人がたまに「やってみたように話をする」ことがありますが、

やらない人は何も始めていません。


一度やってみるってチャレンジしてみませんか?


当スクールに資料請求してみてくださいね!



関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...
  2. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...
  3. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...