力を発揮しないといけないベクトルを間違いがち

当スクールのホームページをご覧いただきありがとうございます。


姫路市・神戸市三宮の整体アロマスクール講師の岡本です。


いやいや今年も暑くなりそうですね。

昨日は5月下旬にもかかわらず「冷房」を付けて整体しました。

暑いだけは耐えれますが、湿度が耐えれませんね


今日は「力を発揮しないといけないベクトルを間違いがち」と言うお話です。

何子を始めようとするときに誰かに、例えば家族に

例えば友人に「理解を求める」この時間は実にもったいない。

どんなに丁寧に説明しても

どんなに言葉を選んでも

どんなにわかりやすく語っても

理解できない人は理解できないし

誤解する人は誤解する。

理解できないタイミングの人は
理解できないし

理解したくない人」は自分にとって都合のいいものしか読まないし

自分の価値観に合うもの、耳触りのいい言葉しか「いいもの」として採用しない。

そんなものだから、そこにそんなにエネルギーって使わなくてもいいのかもしれませんね。

新しく何かを始める時も同じで「やること」「始めること」にエネルギーを費やすと
ついつい本題の始めるというところから外れてしまう。


例えば「整体」を始めるために家屋に友人に理解を求めることに一生懸命になり

整体を始めるという目的から誰彼に理解を求めるほうにエネルギーがいき

本来の目指すところが変わって、あいまいになってチャレンジしない・・・

これは実にもったいないですね。

自分の人生の損得は自分にしか分からないですから、
自分の意志にしっかりと向き合う事がとても大切ですよ(^o^)


関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...
  2. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...
  3. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...