夢ややりたいことを語ると世間の人はこう言う

当スクールのホームぺ時をご覧いただきありがとうございます。

JMCカレッジの岡本です。

 

5月に入り初夏を通りこして「夏日」を感じる日が増えてきました。

一年のうちで一番過ごしやすい季節!なんですが、

実は体は疲れています。なので規則正しい生活をこの季節は心がけてくださいね。

 

さて今日は「夢ややりたいことを語ると世間の人はこう言う」というお話し。

 

あなたは友達や知人にやりたいことを語った時にこんな経験はないですか?

「私、○○で○○をやりたいと思っているんだけど・・・」

「わかるけど・・・やめてた方がいいと思うよ」

と、何かを始めたいと思っている方は一度は言われたことがあると

思います。

 

これは「ポジティブ」な人とそうでない人「ネガティブ」な人との間に

よくある会話ですね^^

 

で、そのネガティブな方の言葉を受けてあなたは「やっぱりそうだよね」なんて思う。

これはなぜそうなってしまうかというと・・・

 

あなたの中の「少しの自信のなさ」がそうしてしまうのです。

 

では「自信なんか持てないよ・・・」なんて思いがちですが、

 

自信というのは「目指してから頑張った時間」これに依存します。

 

どういうことかといいますと、

「やりたいな」と思うチャレンジ精神から「実行」に移す。

そのチャレンジに費やした時間、その結果が自信になっていくのです。

 

私も開業して10年の歳月が流れましたが、今でも新しくチャレンジすることには

まったくもって自信がないですが、

 

やっていくことで自信になり、また費やした時間やお金の損益をなくせる事を知っているので頑張れるのです。。

 

このホームページをご覧の方は少なからず「チャレンジしたい」という思いがあるから

学ぼうかどうかで品定めしていると思います。

 

そんな「ポジティブ」なあなたが、なにもチャレンジしない「ネガティブ」な人に

「夢」を語ってみても理解してもらえるわけがないんですよ。。

 

それを受けて「やっぱ自信ないなー」なんて思うのは非常にもったいないですよね^^

 

新しい何かを始めたいと思う方はどんどん資料請求してくださいね!

 

 

 

関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...
  2. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...
  3. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...