「人生が楽しい時」って実は・・・

姫路・神戸の整体アロマスクール「JMC college」講師の岡本です。

12月に入り寒さが日々厳しくなりますね。
もう師走、当たり前といえば当たり前なんですが
近年暖かい12月が続いたので今年は「とても寒く」感じますね。

「人生が楽しい時」って実は・・・

さて、人はよく「人生は一度きり楽しまないと!」

「自分の人生だから好きなように生きたらいい!」何て言葉を口にします。

この言葉を聞いて勘違いしがちになるのが
「楽しい」の意味をはき違える。。

「楽しい」という言葉から″楽″することだけをイメージしてしまいがちですが、

本当の″楽″は頑張った後に必ずやってくる。

あなたも経験あると思いますが、
学生のころテストのために頑張ってテスト勉強し、それが実り良い点数を取った時に「楽」を感じる

クラブ活動の厳しい練習を日々頑張って大会などで優勝したり、
その競技や楽器などがうまくなっていく過程などに楽しいと感じる。

人にはこういう達成感って必要なんです。

何が言いたいかというと学生のころには頑張れる環境があって
それだけに集中できる環境を作ってもらっていたが社会人になるとそういった「環境」はだれも作ってくれないし
また、そんなものを見つける必要もないんじゃないか?なんて
錯覚してしまう。

その麻痺した感覚が、「最近、楽しいことなんてないな」
「本気で笑う事がなくなったな」
なんて自分を追い詰めてしまって
自分の人生が「くだらなく」感じてしまう。

こんな状況を打破するのはとても簡単。

頑張れそうな事を探してとりあえずやってみる。
頑張った時には必ずと言っていいほど「達成感」がある。

そして「人生事態に欲」ができる。

こうするだけでいい。

人は「苦楽」がとても大切で、「苦」という部分で今までの人生になかったしんどい思いをしないと
今まで感じてきた以上の「楽」得る事が出来ないようになっているんですね(笑)

まったくもって自論で申し訳ないのですが、
私は真剣にそう考えています。

今でも私は新しい何かを得るために「苦しんでいます」
なぜなら今までの人生にない「楽」を感じてより人生を楽しみたいから。

「もう歳だからなーー」や「今更、はじめてみても・・・」
なんて言い訳せずに何でも始めてみてください。

きっと新しい驚きと「楽」に出会えますよ。

関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...
  2. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...
  3. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...