覚えるということ

当スクールのホームページへアクセス有難うございます。
JMC collegeの岡本です。

覚えるということ

人間って、どんなことでも1回話をされたくらいじゃ、覚えられません。

お子さんがいらっしゃる方なら、「そうだそうだ!」と言っていただけると思いますが、1回「これやっちゃダメだよ~」と子供に言ったくらいじゃ、なかなか理解してもらえないですよね?

これが学校での、先生と生徒のやり取りを考えても一緒。
1回授業でやったくらいじゃ覚えられないので、先生は「予習・復習しようね!」というわけです。

つまり、整体を学びに来てくださった皆さんに伝えたいことは、
何度も何度も「繰り返し」お伝えすることが、とっても大切なんです^^

私の感覚からすると、同じことを3回くらい伝えると、50%くらいの生徒の皆さんが、「なんとな~く」こちらのお伝えしたい内容を理解していただけます(笑

私は、覚えることが得意ではなかったので、一回きりの授業には大変困りました。

復習が大事です

私は整体を教えるときに「何度も」同じことを言ったり、復習を授業に取り入れています。

皆さんももし整体を学びに来られたら、何度でも同じことに質問してくださいね。

それが「プロ」になり一番の近道だと思います。

関連記事

おすすめ記事

  1. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。
  2. JMCカレッジ整体科講師の岡本です。

卒業生の声

  1. 金融関係の仕事をしていましたが、就職から2年程経ったときに「この仕事私には向いていないかも」と思うよ...
  2. 前職(塗料製造メーカー)の工場閉鎖により会社を辞めざる負えない状況になり、次の仕事を探すうえで、手に...
  3. 女性が子育てを終え「社会復帰」するときの就職先の少なさに愕然とし、独身時代に会社勤めで培ってきたこと...